【ChatGPT】大学受験の語呂アプリ解禁
スポンサーリンク

フェルンはフリーレンより強くなる?2人を徹底比較してみた!

スポンサーリンク
アニメ
記事内に広告PRを含む場合があります
スポンサーリンク

今回は『葬送のフリーレン』でも魔法使いのフェルンとフリーレンに着目していきます。

2人は魔法の世界で異なる人生を歩んできました。

一方は成長途中の若き魔法使い、もう一方は静かなる伝説として名を馳せた魔法の達人。

彼女たちの比較を通じて、異なる個性と戦闘スタイルがどのように物語に深みを加えるかを探ってみましょう。

スポンサーリンク

フェルン

名前フェルン
出身戦災孤児
年齢16歳(物語の途中で成長)
誕生日勇者ヒンメルの死から27年後に16歳を迎える
出発時期勇者ヒンメルの死から25年後に旅立つ
修行期間4年間の魔法修行
師匠ハイター
魔法の特徴優れた魔法操作技術を持つ
仲間フリーレン、シュタルク
主な目的魔法を駆使して新たな冒険に挑む
特記事項幼少期の両親を戦火で失い、ハイターに救われる

これがフェルンに関する簡単な表です。

ここではフェルンについて深掘りしていきます。

魔法使いフェルン:勇者の旅の仲間

フェルン、その名前は「遠く」を意味するドイツ語の「Fern」からきています。

彼女はフリーレンという勇者と共に新たな旅に出発しました。しかし、彼女の旅は時とともに経過しており、物語が進むにつれて成長していきます。12巻以降の物語では、ヒンメルの死から31年後の時点で20歳になっています。

フェルンの出自は戦災孤児で、幼少期に両親を戦火で失いました。絶望から自らの命を絶とうとした瞬間、聖都の司教を引退し隠遁生活を送っていたハイターに救われました。この出会いが彼女の運命を変える出来事となりました。

彼女はハイターを敬愛し、恩返しのため、そして自立するために魔法使いの修行を始めました。彼女は幼いながらも優れた魔法操作技術を身につけ、4年間の修業を積んだ後、ハイターを看取った後にフリーレンと一緒に旅立ちました。

フェルンの魔法の才能は、フリーレン自身や彼女の師匠であるフランメの師ゼーリエに感心され、弟子入りをスカウトされるほどのものでした。

彼女の誕生日は、勇者ヒンメルの死から27年後に16歳を迎えたとされています。なお、彼女はシュタルクと同い年ですが、誕生日は少し違います。

彼女とフリーレンが旅に出た時期については、一部の曖昧な情報がありましたが、アニメ15話での彼女の台詞によれば、勇者ヒンメルの死から25年後に旅立ったことが確定しています。

フェルンの物語は、彼女の成長と冒険に焦点を当てており、彼女の魔法使いとしての旅路は読者や視聴者に感銘を与えるでしょう。

フェルンの風貌:彩りと成長

鮮やかな個性と成熟

フェルンは紫がかった紺色の髪と、同じ色調を持つ瞳を持つ美しい魔法使いです。彼女の外見は、フリーレンとは対照的で、鮮やかな色合いが際立っています。

幼少期には肩口ほどの長さのおかっぱヘアスタイルをしていましたが、成長するにつれて髪を腰まで伸ばしました。最初にフリーレンに出会った時は、小柄でフリーレンよりも身長が低かったが、16歳に近づくころには彼女を追い越して成長しました。

通常、彼女は大きめのローブを身に着け、その上からでもはっきりと胸部装甲を確認できます。この装甲によって、彼女の力強さと自信が表れています。興味深いことに、彼女が膝枕されると、フリーレンからの視野が制限されてしまい、彼女は「空が半分しか見えなかった」と不機嫌になることもあるとのことです。

また、ローブの下では彼女の体型がわかりにくく、旅先で奇妙なサイズの料理を食べるシーンが多く登場します。物語が進むにつれて、彼女のフォルムが次第に丸くなっているのではないかという疑惑も浮上しているようです。この現象はフリーレンやシュタルクにも見られるようですが、その胃袋の収容能力には驚きが隠れているようです。

フェルンの外見と成長は、彼女の個性的な特徴を際立たせるものであり、物語の進行とともに彼女自身も変化し続けています。

性格:生真面目でお世話好き

生真面目なお世話係

フェルンは基本的に生真面目な性格を持っており、フリーレンとは対照的なズボラな性格の彼女のお世話係を務めています。ファンからは愛情を込めて「お母さん」と呼ばれていることもあります。彼女はフリーレンを教育する一方で、魔法以外の面では逆にフリーレンを教育している可能性すらあるという認識を持っています。

エルフである彼女は、時間感覚が大雑把なフリーレンに振り回されることが多く、さまざまな問題に頭を悩ませています。フリーレンがフェルンの気分を害した際には、フリーレンの髪を三つ編みにすることがお決まりの対処法のようです。逆に機嫌が良い時でも、彼女は三つ編みを続けることがあります。

師匠と弟子という関係に深い感情を抱いており、メトーデがフリーレンに対して親しみを示すと、フェルンは嫉妬の感情を露わにします。しかし、この感情がフリーレンには伝わっていないことがあります。

彼女は感情が豊かであるが、普段は感情を表に出さず、怒りが湧いた際にも表情を変えず、静かに怒ることで知られています。彼女の怒りはフリーレンとシュタルクからも怖いと評されています。一方で、笑顔や喜びの表現は控えめで、唯一むくれた時には顔に感情が顕著に現れます。

育ての親であるハイターの影響からか、彼女はギャンブルに難色を示しつつも、酒に対しては肯定的で、「酒は百薬の長」と称賛しています。また、穏便な手段を試みる前に武力行使を検討することがあり、血の気が多い一面も見られます。

シュタルクに対しては辛辣な態度をとることがありますが、異性として意識しているようです。彼女とシュタルクはお互いに競い合いながらも仲直りし、その様子は周囲に注目されています。彼女は魔法の道具の手入れを楽しんでおり、笑顔で髪飾りやブレスレットを整えています。

これらのアクセサリーはすべて彼女が誰かから貰ったものであり、戦争で失った故郷とのつながりを思い出させる大切なアイテムとして、彼女にとっては特別なものとなっています。

フェルンの能力と戦闘スタイル:魔族を討つ魔法使い

魔族を討つ戦術の達人

フェルンは魔族を討つことに特化した戦闘スタイルを得意としており、その知識は老練の魔族殺しである師匠のフリーレンから学んだものです。彼女は魔族を欺いて討つ戦術も習得しており、魔力の秘匿による攪乱と高速で魔法を射出する技術を駆使して、強力な魔族である七崩賢の配下クラスの魔族さえも打ち破っています。

彼女の主要な戦闘スタイルは、フリーレンから教わった一般的な攻撃魔法と防御魔法の組み合わせに基づいています。このスタイルは現在の作品世界で主流とされる質量をぶつける魔法とは異なり、シンプルでありながら圧倒的な効果を持つものです。その速さ、精密性、射程、および高い手数により、通常の魔法使いには対抗しがたい存在となっています。射出速度については、師匠のフリーレンにすら「自分より上」と評価されています。

彼女は基本魔法のみを使いこなし、その基本を徹底的に磨き上げています。これにより、他の魔法を必要とせず、ある種の理想的な魔法使いと言えるでしょう。

また、彼女は自身の気配や魔力を消すことにも長けており、飛行魔法や射程の長い一般攻撃魔法と組み合わせて、相手に察知されない超遠距離から高圧縮で高速の必殺の一撃を狙撃のように放つことが可能です。

なお、戦闘に関連しない生活魔法も多く習得しており、多彩な能力を持つ魔法使いであることが示唆されています。

彼女にとって重要な人物として、孤児になった際に育ててくれた恩人であるハイター、魔法の師匠であるフリーレン、そして旅の仲間であるシュタルクが関連しています。

フリーレン

情報詳細
名前葬送のフリーレン
職業魔法使い
種族エルフ
年齢少なくとも1000歳以上
特徴歴史上最も魔族を討伐したと言われる
外見エルフ耳、ツインテール、麻呂眉
地位や名誉無関心
存在静かなる伝説と化し、人々の心には深い静寂が漂っている

『葬送のフリーレン―忘れ去られた伝説の魔法使い』

かつては魔王討伐の勇者パーティに属し、共に歴史を刻んだ「葬送のフリーレン」。エルフ族の生き残りであり、小柄ながらその姿からは歴史上最も魔族を討伐したと言われる魔法使いとしての実力が滲み出ている。

エルフ耳、ツインテール、そして麻呂眉という特徴的な外見を持ち、少なくとも1000歳以上の歳月を背負っている。しかし、彼女はエルフの中でも「若者」に属する存在であり、その外見に反して長い年月の中で数多くの歴史的な瞬間を目撃してきた。

葬送のフリーレンは卓越した魔法使いであるが、彼女が持つ地位や名誉には無関心。魔王討伐から時が経過し、人々の記憶から徐々に忘れ去られてしまった。そのため、彼女の存在は静かなる伝説と化し、人々の心には深い静寂が漂っている。

1000年以上の孤独→勇者一行との旅へ―フリーレンの波乱に満ちた経歴

1000年以上前、エルフの里が魔族に襲われ、唯一生き残ったフリーレンは魔法の開祖であるフランメによって救われた。フランメのもとで魔法の手ほどきを受け、戦い方を学び、数百年以上もの間孤独に生きてきた。

彼女は名声や野心を追わず、隠遁状態で暮らしていたが、南の勇者との運命的な出会いが彼女の運命を大きく変えることとなる。勇者ヒンメルとの出会いをきっかけに魔王討伐の旅に加わり、仲間たちとともに10年かけて目的を果たす。

その後、気ままな旅を50年間続けたが、ヒンメルとの再会や彼の逝去をきっかけに人間との交流を求め、初めて後悔の念を抱く。彼女はヒンメルの遺志を受け継ぎ、人間の世界をより深く知るために新たな旅に出る。

フリーレンは人々との交流を意識しつつも、目的のない魔法収集の趣味の旅を続けていた。そして、ハイターとアイゼンの導きにより死者の魂が集う場所である『オレオール』でヒンメルとの再会を果たすことを新たな旅の目的としている。彼女の経歴は永遠の孤独からの解放と再びの冒険への準備となっている。

永遠の冒険者―感情の薄さ&不思議な魅力を秘めた人物像

エルフの特異な感情の希薄さを抱えながら、1000年以上もの長きにわたり歴史とともに生きる魔法使い、フリーレン。感情の機微が分からず、感情こそ薄いがその胸には絶滅に向かうエルフ族の寂しさが漂っている。

時間感覚も長命種特有のもので、数か月から数年単位で行動する。そのゆとりある考え方は人間にとっては異色であり、他人や自分に対しても無頓着でありながら、不思議な老成さも感じさせる。

ずぼらで無頓着な一面も見せ、寝相が悪く寝ている間に仲間の布団を剥ぎ取ったりする姿勢が目立つ。しかし、フリーレンはその不精さを自覚し、少しずつ改善の気運が生まれている。彼女は感情の豊かさに欠けつつも、魔法に対する深い愛情を抱き、珍しい魔法に目がない一面も持っている。

彼女の人物像は一見すると未成熟ながらも、その奥には不思議な魅力が広がっており、新たな仲間との旅路を通じて徐々に心境も変化している。感情こそ希薄であるが、仲間たちとの絆や新しい冒険への期待が、彼女の内面に微笑ましい変化をもたらしている。

フリーレンの魔力&戦略的な使用方法

長寿なエルフの中でも最強と謳われ、膨大な魔力と卓越した魔法の知識を操るフリーレン。その能力は作中で最強格とされ、戦闘スタイルも独特である。しかし、彼女は決して華やかさを求めず、極めてシンプルなスタイルを保ち続けている。

外見で認識できる魔力は故意に制限され、それによって相手を欺き油断させることがフリーレンの戦略の一環となっている。師匠である魔法使いフランメから受け継いだ戦い方は、相手の油断を突いて致命的な一撃を加えるものであり、その手法は彼女の実力を隠蔽するためだけでなく、戦局を有利に進めるための巧妙な戦略でもある。

フリーレンの戦い方は一部の魔族からは卑怯な手段と見做され、魔法の誇りを傷つける行為として非難されている。それでも、彼女は師匠の言葉を胸に、「一生をかけて魔族を欺け」との信念を抱きながら戦い続けている。

一方で、高い技術を持ちながらもゼーリエからは「年の割に技術が甘い」と評されるなど、フリーレン自身も自らの不完全さを認識している。特に魔力探知の一瞬の途切れや、一般的な基礎魔法に対する苦手意識など、その能力にも隙間が存在する。

彼女の戦略的で独自の魔法使用法は、非常識ながらもその奥深さと巧妙さに多くの魔法使いや冒険者たちを驚かせている。

フリーレンの魔法集

フリーレンの使用する魔法は多岐にわたり、その優れた魔力と卓越した知識が結集されています。以下は彼女が主に使用する魔法の一部です。

  1. ゾルトラーク: 一般攻撃魔法/人を殺す魔法
    • 人類によって編み出され、フリーレンによって改良された魔法。貫通力が高く、優れた性能を誇る。
  2. ゾルトラーク: 魔族殺しに特化したバージョン
    • 人を殺す魔法を魔族に対応させたもの。魔法陣の変更により、魔族に特有の脆弱性を突く。
  3. 防御魔法
    • 六角形のバリアを展開し、相手の魔法と同調して威力を分散させる。ただし、質量的な攻撃には弱い。
  4. 飛行魔法
    • 空を飛ぶための基本的な魔法。ただし、応用が効かず、大きな物体には限定的にしか使用できない。
  5. ジュドラジルム: 破滅の雷を放つ魔法
    • 杖から雷撃を放つ強力な攻撃魔法。
  6. ヴオルザンベル: 地獄の業火を出す魔法
    • 杖から爆炎を放出する破壊的な魔法。
  7. 魔法と認識できない攻撃
    • フリーレンの能力をコピーした魔物が使用。相手を押さえつける正体不明の攻撃で、魔法としては認識できない。
  8. 漆黒の攻撃魔法
    • フリーレンの能力をコピーした魔物が使用。漆黒の光線を放ち、フリーレンの防御魔法を打ち破るが、同時に隙を作り出す。

これらの魔法はフリーレンの驚異的な実力と戦略的な洞察に裏打ちされ、彼女の存在感を際立たせています。

フリーレンとフェルン比較表!

特徴フェルンフリーレン
名前フェルン葬送のフリーレン
職業魔法使い魔法使い
種族人間エルフ
年齢16歳(旅開始時)少なくとも1000歳以上
外見紫がかった紺色の髪、紺色の瞳、胸部装甲エルフ耳、ツインテール、麻呂眉
戦闘スタイル魔族を欺き討つ戦法を得意独特でシンプルな戦法
魔法の種類一般的な攻撃魔法と防御魔法多岐にわたる攻撃魔法と防御魔法
魔力の制御高度に制御できる魔力を外部にはほとんど示さない
感情感情豊かで表情豊か感情の希薄で表情が少ない
旅の仲間シュタルクとフリーレン勇者ヒンメル→フェルン達と
目的仲間との冒険と魔法収集再びの冒険とヒンメルとの再会
魔法の使用方法高速で高圧縮の魔法射出戦術的な魔法使用方法
外見に反しての実力高い戦闘能力と成長最強とされる実力と歴史
孤独の経験孤独な幼少期からの成長1000年以上の孤独な生活
仲間との関係仲間との絆を大切にする人間との交流を求める
魔法のバリエーション基本魔法を主に使用多種多様な魔法を操る
魔法の特徴超遠距離から高速射撃を行う非常に戦略的な使用法
感情と成長仲間たちとの交流による変化孤独からの解放と再冒険へ

フェルンとフリーレンの比較

フェルンとフリーレンは両方ともエルフであり、魔法使いとしての実力を持っていますが、性格や戦闘スタイル、経験、目的などにおいて異なる特徴を持っています。

フェルンは感情豊かで成長中の若い魔法使いで、仲間たちとの絆を大切にし、多彩な魔法を駆使します。

一方、フリーレンは1000年以上もの長い孤独な生活を送り、感情が希薄で静かな伝説と化しています。

彼女は魔法の戦術に特化し、非常に戦略的な魔法の使用法を持っています。

まとめ

以上まとめてみましたが、

結論:フェルンはフリーレンより強くはならない

と考えられます。

1000年以上生きているフリーレンはそのほとんどを魔法の研鑽に掛けています。

当たり前ですが、長く生きれば生きるほど魔法にかける時間も長いです。

しかしフェルンの実力はかなりのものです。

人間という少ない時間でも比較的長生きの魔族を倒す実力です。

今後の彼女の成長次第では、フリーレンを倒す事もあるかもしれませんね。

「フェルン」と「フリーレン」は共にエルフの魔法使いであり、魔法の実力を持ちながらも、個性や戦闘スタイル、経験、目的において異なる特徴を備えています。

フェルンは感情豊かで成長中の若い魔法使いで、仲間たちとの絆を大切にし、多彩な魔法を駆使します。

一方、フリーレンは1000年以上もの長い孤独な生活を送り、感情が希薄で静かな伝説と化しています。

彼女は魔法の戦術に特化し、非常に戦略的な魔法の使用法を持っており、その実力は最強とされています。

両者は異なる道を歩みながらも、個々の魅力と成長が物語に深みを与えています。

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\このページをシェアしよう!/
\いたちをフォロー!/
スポンサーリンク
いたちごっこ
タイトルとURLをコピーしました