【ChatGPT】大学受験の語呂アプリ解禁
スポンサーリンク

愛と狂気の野球漫画TOP50|人気〜マニアックまで余す事なく紹介

スポンサーリンク
アニメ
記事内に広告PRを含む場合があります
スポンサーリンク

野球漫画の知識王に俺はなる!!

今回は「愛と狂気の野球漫画まとめ|人気〜マニアック作品まで余す事なく紹介」をしていきます。

約50作品の野球漫画あらすじ、レビューをまとめました。

補足ですが、最近の人気順に並べています。

人気作品からあまり知られていない作品まで余すことなく解説しています。

かなりの内容なので目次を有効に使っていってください。

こんな方におすすめの記事です

  • 野球漫画まとめを見たい
  • 人気作品からマニアックな作品まで見たい
  • あらすじ、レビューを知りたい

それではどうぞ

スキマとらのあな漫画全巻ドットコム
特徴完結したマンガを最後までイッキ読み!同人誌やフィギュア,マンガを扱う日本最大のコミック全巻セット販売
詳細人気の漫画32000冊以上読み放題アニメBlu-ray,コミックの限定特典付き商品販売メディア最注目のショップ.月間約300万人利用
おすすめの方完結漫画マニアック作品完結,連載中漫画
おすすめ漫画サービスの紹介
スポンサーリンク

「BUNGO―ブンゴ―」: 野球と情熱の物語

石浜ブンゴ、少年野球チームのない町で育ちました。彼は毎日、買い与えられたボールをブロック塀に向かって投げ込むことに没頭していました。この熱中ぶりは、「壁当て」と呼ばれ、彼の情熱の表れでした。そんなブンゴの日常に、少年野球日本代表の野田ユキオが突如現れます。そして、二人は予期せぬ対決へと突入します。中学校で再び出会った彼らは、超強豪「静央シニア」への入団を果たすことになります。甲子園への憧れを超え、彼らを待つのは甲子園そのものを超える死闘。中学野球が、少年たちの情熱を燃やし尽くす場所となるのです。

この作品には魅力的な要素がたくさん詰まっています。まず、家族の絆が素晴らしいと評されています。物語では主人公の特異性を矯正せず、過度な期待もせず、特別視しない点が称賛されています。主人公の自己主張や自主性が、彼が自分自身を認めていく過程を描いています。誰かに依存せず、自分自身で考え、主体的な行動を起こすことが、自己認識の重要性を示しています。このメッセージが、読者にとっても魅力的であり、主人公の成長が楽しい要素となっているようです。

また、野球の魅力も大いに表現されています。中学生ならではの熱い気持ちや情熱がストーリーに溢れ、読者に野球への魅力を伝えています。野球を通じて、若い気持ちを取り戻すきっかけになるかもしれません。

「BUNGO―ブンゴ―」は、野球と情熱の物語として、家族の絆や自己成長の要素を盛り込んだ魅力的な作品と言えるでしょう。少年たちの熱い戦いと成長が、読者を引き込むこと間違いなしです。

「バトルスタディーズ」: 野球と魅力的な青春の物語

この漫画、「バトルスタディーズ」は、野球と青春の絶妙な融合が楽しめる作品として高く評価されています。物語は「強育(きょういく)」という愛と栄光への通過儀礼を描いており、主要キャラクターたちは「PL野球部」で生きる術を学びます。18人の仲間が集い、天下を獲ろうとする情熱が描かれています。元PL球児による描写は、高校野球のリアルな要素を色濃く反映しており、読者を引き込む要因となっています。

この作品は、スポーツマンやスポーツ留学経験者にとって特に共感を呼ぶ要素があります。強豪校での辛さや悩み、個人としての成長と闘い、これらのテーマは多くの選手に響くものとなっています。また、スポーツ留学や特待生としての活躍をする選手たちにも魅力的なストーリーが用意されています。

野球愛好者や高校野球好きには、この作品を強くお勧めします。

漫画独特のオーバーな要素と、実話に基づいた展開が新鮮で、笑いあり涙ありの読み応えがあります。しかし、電車の中で読む際には要注意です。それほど面白く、没頭しやすい作品と言えるでしょう。

「ドラフトキング」: スカウトの熱き闘いと野球の真髄

「ドラフトキング」は、プロ野球の入り口であるドラフトをテーマに、スカウトマンたちの熱き闘いを描いた野球漫画です。野球の才能を持つ選手を見つけ出し、プロ野球に送り込むスカウトたちの情熱と努力が物語の中心に据えられています。特に郷原というスカウトマンが、その並外れた眼力で発見した選手との関係が、物語の鍵となっています。

この作品は、野球ファンにとって新鮮な視点で、スカウトに焦点を当てた漫画として高く評価されています。現代ではプロ野球の情報が豊富に利用でき、アマチュア選手まで詳細にチェックできる時代になりましたが、その中でスカウトの役割や駆け引きが如何に重要であるかを掘り下げています。実際のスカウト業務についての情報が表現されており、読者はその舞台裏に興味を持ちながら物語を楽しむことができます。

また、スカウトと選手だけでなく、スカウト同士の駆け引きや、選手と監督・家族との関係、人間ドラマも魅力の一つです。試合の描写も臨場感たっぷりで、野球愛を持つ読者には特に楽しい作品となっています。野球用語の解説もあるため、野球の知識がない方でも楽しむことができるでしょう。

「ドラフトキング」は、スカウトの情熱と野球の真髄を探求する物語として、野球ファンにとって必読の作品といえるでしょう。物語の続きも楽しみですね!

「ROOKIES」: 熱血教師と不良生徒の成長

「ROOKIES」は、新任教師である川藤幸一が二子玉川学園高校にやってきて、不良生徒たちを持てる野球部員に育て上げる物語です。川藤の熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持たれ、野球部再建に着手します。しかし、過去の「暴力教師」としての経歴が暴露され、部員たちから反発を受けることになります。

この作品は、普通に成長した自分を振り返りつつ、青春時代に夢中になりたかったという感情を呼び起こす要素が含まれています。登場人物たちの青春と情熱が描かれ、読者は彼らの成長に共感を覚えることでしょう。特に、森田先生が台詞の最後の発音に合わせて口の形を描くという独自の表現方法が、キャラクターに命を吹き込んでいると評価されています。

物語は一般的な設定かもしれませんが、不良生徒たちの個性がしっかり描かれており、彼らの感情や気持ちがリアルに表現されています。登場人物たちそれぞれが、川藤の指導の下で成長し、高校野球選手としての道を歩む過程が描かれており、読者は彼らの成長に胸を打たれることでしょう。

「ROOKIES」は、熱血教師と不良生徒たちの成長を通じて、青春の情熱と友情を描いた感動的な作品として高く評価されています。登場人物たちの個性や感情が魅力的で、読者を引き込むこと間違いありません。

「ダイヤのA act2」: 野球と情熱が織り成す青春物語

「ダイヤのA act2」は、2年生の沢村栄純がセンバツ甲子園デビューを果たすことから始まる野球漫画です。彼の目標は全国の頂点へ。青道高校野球部の快進撃が展開されます。

この作品は、野球を愛する弟と家族と共に楽しむために手に取ったということで、家族での楽しみとして読まれていることが分かります。アニメ版も視聴されており、キャラクターたちの魅力に惹かれているようです。

「ダイヤのA act2」は、野球のルールや戦術を分かりやすく描写している点が高く評価されています。これは野球の知識が浅い読者にとっても魅力であり、野球に興味を持つきっかけとなる作品と言えるでしょう。また、絵もクリアで素晴らしく、キャラクターたちの個性が際立っていることから、読者は彼らの成長やドラマに共感を覚えることでしょう。

さらに、集団生活や学びの要素が豊富に含まれており、読者には様々なメッセージが届けられます。試合の中で選手たちが考えることや、情熱を傾ける瞬間が詳細に描かれており、野球をやっていない人々にも楽しく学びの機会を提供しています。

「ダイヤのA act2」は、野球と情熱が織り成す青春物語として、スポーツ漫画ファンや野球愛好者におススメの作品です。競技の情熱やプレーの瞬間、キャラクターたちの成長が、読者を引き込むこと間違いありません。

「ラストイニング」: 再建と奮闘の野球物語

「ラストイニング」は、弱小高校野球部を再建させるために、悪徳セールスマンから監督に転身した鳩ヶ谷圭輔(通称:ポッポ)の物語です。甲子園出場を目指し、廃部寸前の状況下で、常識はずれのチームが奮闘する姿が描かれています。

この作品は、過去に暴力事件を起こし野球界から離れた男性が、母校の監督として野球部を再建しようとするストーリーです。チームは一年後に甲子園出場しなければならず、常識はずれの方法で野球を楽しむ姿勢が物語を特徴づけています。野球の奥深さを感じさせる名作として評価されています。

作者の中原裕氏の漫画についての感想も共有されています。特に「ぶっちぎり」について、古い作品であっても、読者に楽しませる要素が詰まっていると述べられています。また、「ラストイニング」に関しても、選手目線ではなく監督目線で描かれている点が異なるアプローチとして魅力的であると述べられています。

「ラストイニング」は、再建と奮闘の野球物語として、野球ファンやスポーツ漫画好きにとって楽しめる作品とされています。監督の視点から描かれるチームの成長や奮闘が、読者に感動をもたらすことでしょう。

「おおきく振りかぶって」: 高校野球の成長物語

「おおきく振りかぶって」は、県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉が、女性監督とともに創設まもない野球部での成長を描いた高校野球漫画です。彼が強引に入部させられ、チームは全員1年生で構成され、女性監督とのコミュニケーションも必要とされます。

この作品は、一般的な野球漫画とは異なり、凄いピッチャーと凄いバッターの対決が描かれるのではなく、主人公三橋の卑屈で気弱な性格が中心になっています。しかし、それがチームの信頼と結束を築き、共に成長していく過程が描かれており、高校野球の魅力を存分に引き出しています。

読者の感想には、登場人物たちの個性や心理描写が評価されており、特に三橋の成長や田島の純粋な性格に共感を覚えると述べられています。また、作者の野球愛が感じられる作品としても高く評価されています。

「おおきく振りかぶって」は、高校野球の成長物語として、熱血スポーツ漫画を好む読者におすすめの作品です。登場人物たちの心の葛藤や成長過程が丁寧に描写され、読者を引き込むことでしょう。将来の展開にも期待が寄せられているようですね。

「MAJOR」: 野球少年の夢と成長の物語

「MAJOR」は、プロ野球選手の父を持つ元気一杯の野球少年・吾郎が、プロ野球選手という大きな夢に向かって成長していく物語です。彼の野球への情熱と成長が描かれています。

読者の感想には、主人公吾郎の成長を一緒に見守る感覚を持ちながら楽しんでいるという意見が共有されています。特に、野球に詳しくない人でも楽しめる点が評価されています。物語には感動的なシーンが多く含まれており、涙を流さずには見られないという声もあります。

また、バッテリーの寿くんの存在が物語に大きな影響を与えているという意見も見受けられます。この作品は野球ファンだけでなく、スポーツの魅力や情熱を共感できる人々にとって魅力的な物語とされています。

「MAJOR」は、泣けるスポーツマンガとして、主人公の熱い想いと成長が読者に共感を呼び起こす作品として高く評価されています。長編ではありますが、その価値を十分に楽しむことができるでしょう。

「MAJOR 2nd」: 野球少年たちの成長と友情

「MAJOR 2nd」は、主人公大吾が、才能のなさや二世としての重圧から野球を諦めていたが、転校生・佐藤寿也の登場によって、野球への情熱を再び見つける物語です。第一シリーズを読んでいなくても楽しめるとされていますが、第一シリーズを読んでいるとより楽しめる要素があるとの意見もあります。

この作品は、主人公の成長過程を描きながら、野球を通じた友情や努力の大切さを伝える点で高く評価されています。大吾が小学生から中学生へと成長していく姿勢や、野球の楽しさを再発見し、才能だけでなく努力が重要であることを示すストーリーが読者に共感を呼び起こします。

特に、中学生編では野球女子も多く登場し、多くの読者が彼女たちに共感し、楽しんでいるようです。また、主人公大吾とライバルたち、特に卜部とアンディの関係が魅力的で、彼らの成長と友情も物語に深みを与えています。

「MAJOR 2nd」は、少年スポーツ漫画の魅力を堪能できる作品として、大吾と仲間たちの成長と友情に共感し、応援したくなると評価されています。

「ダイヤのA」: 普通の主人公と野球への情熱

「ダイヤのA」は、中学全国大会を目指していた主人公・沢村栄純が、最後の大会での敗退を経て高校野球でのリベンジを誓い、名門の青道高校野球部からスカウトを受けるまでの物語です。この作品は、一般的な少年漫画とは異なり、主人公に最強の切り札がなく、普通の少年としてスタートする点が評価されています。

読者の感想には、主人公の普通さや努力を通じて成長していく姿勢に共感し、彼を応援したくなるという意見が多く見られます。試合の緊張感や心理描写が非常にリアルで、読者を物語に引き込む要素として評価されています。

また、キャラクターたちの成長が楽しみという意見もあり、それぞれのキャラクターが個性的で魅力的に描かれていることが強調されています。物語は非常に面白く、野球への情熱と努力をテーマにしており、読者にとってオススメの作品とされています。

「Mr.FULLSWING」: 野球ギャグ漫画の楽しさ

「Mr.FULLSWING」は、猿野天国という15歳の少年が、野球部のマネージャーに一目ぼれし、野球未経験ながら野球部に入部しようとする物語です。この作品は野球を題材にしたギャグ漫画で、小ボケが豊富に盛り込まれています。主人公たちの必殺技や奇抜なアイディアが登場し、笑いを提供します。

読者の感想には、大爆笑する要素が豊富で、ギャグの強さが特に強調されています。物語の中にはシリアスな場面や感動的な瞬間もある一方で、主人公たちの野球への情熱や真剣さも読者に伝わり、笑いと共に感動も味わえる作品と評価されています。

また、学生時代に読んで楽しんだ人が再び読んで笑いを取り戻し、ギャグ要素の強さと共にシリアスな面も魅力とされています。野球と笑いを組み合わせた「Mr.FULLSWING」は、野球ファンやギャグ漫画ファンに楽しんでもらえる作品と言えるでしょう。

「野球部に花束を ~Knockin’ On YAKYUBU’s Door~」: リアルな高校野球部の青春コメディ

「野球部に花束を ~Knockin’ On YAKYUBU’s Door~」は、高校野球部を舞台にした青春コメディの作品です。登場する球児たちの日常や笑えるエピソードが描かれており、リアルな野球部の生活に共感できる要素が含まれています。

レビューには、同じく高校部活に夢中であるという共感が見られます。部活動には大変さや苦しさがつきものですが、その中での成長や思い出が、後に振り返ると鮮明に残るものとして語られています。登場するキャラクターやエピソードが、読者にとって思い出深いものとして描かれており、作品を通じて「青春」という魅力を感じることができるようです。

また、野球部の日常や「あるある」要素が楽しいと評価されています。笑いの要素が豊富で、読者を楽しませてくれる一方、野球愛や部活動にかける情熱も作品に表れているようです。高校野球ファンや部活動を経験したことがある人にとって、共感と笑いが交じり合った作品として楽しめるでしょう。

「やったろうじゃん!!」: 学生青春マンガの代表作

「やったろうじゃん!!」は、鬼監督・喜多条と天才投手・江崎を中心に、高校野球という限られた時間の中で繰り広げられる青春の物語です。この作品は、野球への情熱や学生生活全般に対する思いを熱く描き、学生時代の重要な瞬間を共感できるように表現しています。

読者のレビューでは、「やったろうじゃん!!」が学生青春マンガの代表作の一つとして位置づけられており、野球に限らず学生生活全般に関する考えさせられる要素が評価されています。また、作品がパワハラ問題などを取り上げ、その解決に向けたメッセージを伝えていることも指摘されています。

この作品が、学生時代の青春を感じさせ、一球一球を大切にする重要性を伝える一冊として、多くの読者に愛されているようです。

「キャプテン」: 中学野球の熱い闘い

「キャプテン」は、墨谷二中の無名野球部に青葉学院から転校してきた谷口タカオという一軍の補欠選手を中心に、中学野球の熱い闘いを描いた作品です。谷口は期待に応えるべく、実力とのギャップに立ち向かいながら、野球の名門校から来たことで大きな期待を背負います。

読者のレビューには、昔からこの作品を楽しんでいたという声や、アニメ版も視聴したという懐かしい思い出が挙げられています。また、主人公が真面目に野球に取り組む姿勢や、名門校に対する挑戦が共感を呼び起こし、その成長や後輩たちの活躍に感動する要素が評価されています。

「キャプテン」は、中学野球の熱血ストーリーを通じて、努力や困難に立ち向かう姿勢が描かれた作品として、多くの読者に愛されています。

「少女少年学級団」: 切なくてキュンキュンの小学生ライフ

「少女少年学級団」は、男の子のような見た目を持つ小学生の少女、中谷遥が野球大好きで、ライバルの渡とのケンカや、甲子園出場経験のある憧れの人、健に対する淡い初恋を描いた作品です。小学生らしい切ない恋心や友情、成長がキュンキュンと切なさを感じさせる要素として評価されています。

読者のレビューには、主人公の遥が健に対して抱く初めての恋心や、友情、成長の過程が感動的であるという声が多く挙げられています。また、遥の真っ直ぐな心で物事に向き合う姿勢が共感を呼び起こし、読者に感じさせることができる作品として評価されています。

「少女少年学級団」は、切ない恋心や友情、成長が織り交ぜられた小学生ライフを描いた作品として、多くの読者に楽しまれています。

「クロカン」: 三田誠の熱い野球マンガ

「クロカン」は、三田誠によって描かれた熱い野球マンガです。物語は粗野で乱暴ながら、監督としての手腕は一流の「クロカン」黒木竜次が登場し、破天荒な熱血指導で甲子園を目指す姿を描いています。

読者のレビューには、「クロカン」が野球に興味がない人にも楽しめる作品であり、人間関係を描いたマンガとしても魅力的であるという意見があります。桜木先生のような型破りの監督が登場し、物語が熱く展開されていることが評価されています。

「クロカン」は、野球の要素を含みながらも、熱い人間ドラマを描いた作品として、多くの読者に愛されています。野球漫画に新たな魅力を見出したい方におすすめの作品と言えるでしょう。

「はたらけ!つば九郎~東京ヤクルトスワローズのスタッフと共に~」: マスコットの奮闘物語

「はたらけ!つば九郎」は、東京ヤクルトスワローズのマスコットであるつば九郎が主人公のストーリーです。つば九郎は契約更改でクビになってしまい、再契約を勝ち取るために球団スタッフとして奮闘する姿が描かれています。

このマンガは、つば九郎の可愛らしいキャラクターと、プロ野球球団の裏側での出来事をコミカルに描いており、つば九郎ファンやプロ野球ファンにとって楽しめる作品となっています。また、実際のテレビ番組などでもつば九郎の契約更改が話題になることがあり、その話題を元にした作品でもあります。

「はたらけ!つば九郎」は、つば九郎の魅力やプロ野球球団の舞台裏を知りたい方にとって、楽しいエンターテインメントとなっています。

「キャプテン2」: 学生野球の成長と情熱

「キャプテン2」は学生野球を舞台に、新たなキャプテン近藤が主人公として活躍するストーリーです。前作でのイガラシからの引き継ぎを受けて、近藤はチームを指導し、夏の大会での雪辱を誓って練習に励む姿が描かれています。

このマンガは、学生野球の情熱や成長をテーマにした作品であり、前作のファンや野球ファンにとっては楽しい続編となっています。キャプテンとしての役割を果たす近藤が人間として成長し、チームを引っ張る姿勢が描かれており、これを通じて読者に勇気や感動を与える要素が詰まっています。

学生野球の魅力やプレッシャー、団結力などが描かれた「キャプテン2」は、学生時代に野球を経験した方や野球ファンにとって、懐かしさと共に新たな感動を味わえるでしょう。

「最強!都立あおい坂高校野球部」: 女子野球部の挑戦

「最強!都立あおい坂高校野球部」は、女子野球部が男子野球と対等に戦う姿を描いた作品です。物語の中心には、鈴緒という女性監督と、彼女の指導のもとに集まった5人の教え子たちがいます。彼らは強豪校からの誘いを断り、甲子園とは無縁の都立あおい坂高校野球部に入部し、幼なじみの光爾の活躍に触発され、甲子園出場を目指す決意を固めます。

この作品は、女子野球部が男子野球に挑戦し、その成長や団結力、挫折と再起を描いた青春野球漫画です。女性が男子野球に参加することの難しさや困難さ、そしてそれを乗り越える情熱が物語に詰まっています。

野球ファンや女性のスポーツ参加に興味がある方にとって、新鮮で刺激的な作品となっています。女性野球部員たちの成長や挑戦の姿勢が、読者に勇気を与えることでしょう。

「プレイボール2」: 甲子園への夢と新たな伝説

「プレイボール2」は、「キャプテン」と「プレイボール」の後の物語を描いた続編で、谷口、丸井、イガラシなどのキャラクターたちの新たな伝説が繰り広げられます。この作品は、野球に情熱を持ちながらも、実力とのギャップや挑戦を通じて成長していく主人公たちの青春を描いた名作の続編です。

レビューからも伺えるように、かつてのファンにとっては長らく待ち望んだ続編であり、その期待に応えるクオリティの高さが評価されています。作者のコージィ城倉さんが、昭和の要素を踏襲しつつも新しい要素を取り入れ、現代風にアップデートしていることが、読者に楽しまれているポイントの一つです。

また、新たな伝説として描かれる物語には、コミカルな要素や極端な展開も含まれており、それが一部の読者には違和感を与えることもあるようです。しかし、この作品を楽しむ際には、コージィ城倉さんによる新しい世界線の墨高野球部として受け入れ、ファンによる二次創作のような要素を楽しむと、満足度が高まるかもしれません。

甲子園を目指す青春野球漫画として、ファンにとっては新たな夢と感動を提供している「プレイボール2」をお楽しみください。

「忘却バッテリー」: 奇跡の再開と高校野球の魅力

「忘却バッテリー」は、野球の名門校で活躍していた天才的なバッテリー、清峰葉流火と要圭が、都立の無名高校で再び野球に挑む物語です。この漫画は野球に詳しくない読者にも魅力的で、個々のキャラクターやチームメンバーの魅力がしっかり描かれています。

特に、捕手である要圭が記憶を失ってしまい、そのギャップや記憶が戻ったときの変化が読者に印象的な要素となっています。キャラクターたちの成長や過去の謎、そして野球の試合を通じて展開されるストーリーは、感動的で期待感を高めます。

「忘却バッテリー」は、野球の要素だけでなく、キャラクターたちの人間関係や成長、ギャグ要素などがバランスよく組み合わさっており、野球漫画をあまり読んだことのない読者にも楽しんでいただける作品と言えるでしょう。ぜひ続きも楽しみながら読んでみてください!

「私の甲子園」: 野球と希望の物語

「私の甲子園」は、東北の高校野球を舞台にした物語です。10年前の甲子園出場の栄光も過去のものとなり、部活動は低迷していましたが、女子マネージャーだった綿谷しほのが帰任し、野球部に新たな活気をもたらします。彼女の想いと情熱が、部長として野球部を引っ張ることになります。

この漫画は、古典的な野球マンガの要素と、希望と努力の物語が組み合わさっています。主人公のしほのは、一本道で野球に対する情熱を持つ女性として描かれ、彼女の姿勢が部員たちに希望をもたらします。読者は彼女と野球部員たちの成長やチームの再興に共感し、応援したくなるでしょう。

「私の甲子園」は、野球への情熱や努力を通じて、人々の心をつかむ感動的なストーリーが展開されており、古典的な野球マンガの要素を楽しみながら、新たな希望を見つけたい読者におすすめの作品です。

「グラゼニ~パ・リーグ編~」: 野球の新たな舞台での挑戦

「グラゼニ~パ・リーグ編~」は、凡田夏之介という主人公が、プロ野球界での新たな挑戦を描いた物語です。凡田は先発投手として文京モップスから仙台ゴールデンカップスにFA移籍し、パ・リーグでのプレーが始まります。

この作品は、プロ野球の舞台を背景に、主人公の成長やチームの戦いを描いています。凡田は32歳という年齢でのパ・リーグ挑戦という苦境に立たされますが、その中で彼の情熱や努力、野球への愛情が描かれています。また、パ・リーグの強打者たちとの対戦や、プロ野球の裏側を探求する要素も含まれており、プロ野球ファンには特に楽しめる作品と言えるでしょう。

「グラゼニ~パ・リーグ編~」は、野球を通じて人生の新たな挑戦に立ち向かう主人公の姿勢や成長、そしてプロ野球界の魅力を描いたストーリーとして、野球ファンにとって魅力的な作品となっています。

「イレギュラーズ」: 甲子園目指す弱小野球チームの奮闘

「イレギュラーズ」は、私立常星学園の野球部が弱小チームとして甲子園を目指す物語です。かつて強豪だった学校の野球部が部員4人の弱小チームにまで衰退した状況から始まり、主人公・日々野 塁斗が甲子園への秘策を持ってきます。

この作品は、野球部の部員たちが状況に立ち向かい、不良高校との連合(タッグ)で甲子園出場を目指す姿勢を描いています。主人公の前向きな態度やキャラクターたちの成長、そして野球への情熱が物語を盛り上げています。また、不良高校とのコラボレーションやドラマティックな展開が魅力的です。

「イレギュラーズ」は、弱小チームが困難な状況に立ち向かい、夢を追求する姿勢が描かれており、スポーツマンシップや友情、努力の重要性をテーマにしています。読者は主人公と野球部員たちの成長を応援し、彼らの甲子園への挑戦に共感することでしょう。

「おもいだせ!つば九郎 ~つば九郎と学ぶ東京ヤクルトスワローズ~」: 野球初心者に優しい漫画

「おもいだせ!つば九郎 ~つば九郎と学ぶ東京ヤクルトスワローズ~」は、東京ヤクルトスワローズのマスコットであるつば九郎が記憶を失ってしまい、野球の基礎から学んでいくストーリーです。つば九郎の妹であるつばみも一緒に登場し、野球とヤクルトスワローズについての知識を提供しています。

この漫画は野球について全く知識がない人にも分かりやすく、野球のルールや楽しみ方、ヤクルトスワローズに関する情報をわかりやすく紹介しています。また、絵柄が可愛らしく、つば九郎のキャラクターが魅力的です。野球に興味を持っていない人でも、この漫画を通じて野球の楽しさを知ることができます。

「おもいだせ!つば九郎 ~つば九郎と学ぶ東京ヤクルトスワローズ~」は、野球初心者に向けた優しい内容で、野球とヤクルトスワローズのファンを増やす一助となる作品と言えるでしょう。

「ダイヤモンドの功罪」: 自己評価と他者への影響

「ダイヤモンドの功罪」は、運動の才能に恵まれた主人公・綾瀬川次郎が、自分の存在が他人にどれだけ影響を与えるかについて悩み、弱小の少年野球チーム「バンビーズ」で楽しさを見つける物語です。

この作品は、主人公の自己評価と他者への影響に焦点を当てています。主人公は自分が当たり前にできることが他人にとっては特別であり、その孤独さや疎外感を感じています。一方で、主人公の存在が他人にとってどれだけ大きな影響を与えるかも描かれており、他の登場人物も自分自身や夢を諦めたり、挫折したりすることがあります。

この作品は、自己評価と他者への影響について考えさせられる要素を含んでおり、登場人物たちのキャラクターや考え方に共感できない場合でも、それを通じて読者が自身の評価や他人への影響について考える機会を提供しています。

「野球で戦争する異世界で超高校級エースが弱小国家を救うようです。」: 野球と異世界の組み合わせ

「野球で戦争する異世界で超高校級エースが弱小国家を救うようです。」は、野球と異世界を組み合わせた独特のストーリーです。主人公の常夏太一が甲子園で命を失い、異世界で弱小国家を救うために野球で戦うという設定が特徴的です。

この作品は、野球のルールや戦術を通じて異世界の人々と友好関係を築いていくプロセスを描いており、野球ファンにとっては新鮮なアプローチかもしれません。一方で、野球と戦争を結びつける要素が異色で、読者にとっては新たな楽しみや展開が待っているでしょう。

この作品は、野球と異世界を組み合わせた異彩を放つ作品として、続きが楽しみな一作と言えるでしょう。

「ハイスクール!奇面組」: ギャグと個性豊かな登場人物

「ハイスクール!奇面組」は、ギャグ要素満載の学園コメディ作品で、登場人物たちの個性的な顔や名前が特徴的です。奇面組と呼ばれる5人組や他のキャラクターたちが、高校生活を織り成す様子が描かれています。

この作品は、笑いを提供するために様々なユニークなキャラクターが登場し、そのギャグが読者を楽しませます。また、個々のキャラクターの名前にも工夫が凝らされており、名前チェックが楽しみの一つとなっています。

「ハイスクール!奇面組」は、ギャグ好きな読者にとって魅力的な作品であり、笑いを求める方におすすめの学園コメディです。また、「3年奇面組」から続く作品として、前作ファンにも楽しんでいただけることでしょう。

「続!おもいだせ!つば九郎」: 野球とヤクルトスワローズを楽しみながら学ぶ

「続!おもいだせ!つば九郎」は、東京ヤクルトスワローズのマスコットであるつば九郎が再び記憶を失ってしまうという展開から始まります。この作品では、つば九郎とその妹であるつばみがスワローズについて、そして野球の楽しさについて深く学んでいく様子が描かれます。

漫画の絵はもぐもさんによって描かれており、その温かみのあるほっこりとした絵柄が特徴です。この作品はプロ野球の事を初心者でも理解しやすく、サクサクと読み進められるため、プロ野球に興味を持っている人におすすめです。

さらに、つば九郎とつばみのキャラクターが《まんまるもっちりした感じで描かれている》と評価され、読者に愛されています。また、つばみの解説も分かりやすく、プロ野球について学ぶのに役立ちます。

「続!おもいだせ!つば九郎」は紙媒体で読みたいという声も多く、書籍化されることを期待するファンも多い作品です。

「斉藤さん もっと!」: 子育ての難しさを通じて成長する物語

「斉藤さん もっと!」は、前作の「斉藤さん」から数年後のストーリーです。斉藤さんは、息子である潤一くんが中学生になり、娘の笑ちゃんも生まれて、家族の中で子育ての難しさに悩みつつ、様々な出来事に立ち向かっています。

この作品は、斉藤さんの「ダメなことはダメ、悪いことは悪い」という信念が引き続き描かれつつも、親子関係や子育てに焦点を当てた物語となっています。潤一くんが中学生として反抗期に入り、まだ幼い笑ちゃんが登場することで、家族の絆や成長が描かれます。

読者からは、子育てに悩む親としての斉藤さんの姿勢に共感する声が多く、感動的なストーリーとして評価されています。子育ての難しさや親子の関係に共感する読者におすすめの作品です。

「猫かぶり姫はスキだらけ」: 青春ラブコメのドキドキ展開

「猫かぶり姫はスキだらけ」は、完璧な女子高生を演じる主人公・叶夏が、野球部のイケメン・一輝に自分の弱みを知られ、野球部のマネージャーになることから始まるラブコメディです。

読者からは、主人公の叶夏と一輝、そしてキャプテンの成宮との三角関係に胸がドキドキするという評価があります。物語が進むにつれて、2人の関係が進展し、お互いの気持ちに気づかないドラマチックな展開が楽しめます。

また、設定に古さを感じさせない新鮮さがあり、野球部の選手とマネージャーという背景が物語に魅力を加えています。絵柄に好みが分かれるかもしれませんが、ストーリーの展開とキャラクターの魅力が読者を引き込む要因となっています。ドキドキの青春ラブコメを楽しむにはおすすめの作品です。

「グラゼニ~大リーグ編~」: 大リーグの挑戦が面白い

「グラゼニ~大リーグ編~」は、仙台ゴールデンカップスを自由契約となった凡田夏之介が、ボストン・ブルーソックスの新監督から練習参加のオファーを受け、大リーグでの挑戦に臨む物語です。

読者からは、大リーグのシステムや現実のコロナ事情を説明してくれることが評価されています。この作品は、野球漫画の中でも特にリアルな要素を取り入れており、野球ファンにとっては「へー、そうなんだ」と新たな知識を得ることができる作品とされています。

また、グラゼニシリーズは野球漫画の大河ドラマのようで、主人公の野球人生や挑戦が続編で描かれていることに期待する声もあります。野球ファンには特におすすめの作品と言えそうです。

「名門!第三野球部」: 熱い野球漫画のおすすめ

「名門!第三野球部」は、野球が大好きだけど才能がない主人公・檜あすなろと、落ちこぼればかりの桜高校の野球部3軍・第三野球部が、解散を告げられた後、1軍と試合をするチャンスを掴むことを目指す物語です。

この作品は、主人公たちの必死の猛練習や成長が描かれ、そのまっすぐなひたむきさが読者を引き込む要因となっています。野球に関する情熱や友情が熱く表現されており、スポーツ漫画が好きな方におすすめの作品と言えます。

また、この作品は高校野球編とプロ野球編があり、物語がうまく繋がっている点も評価されています。キャラクターたちの成長や関係性の変化を楽しむことができ、スポーツマンガの魅力を存分に味わえる作品として人気です。

「砂漠の野球部」: 昭和風の馬鹿馬鹿しい野球マンガ

「砂漠の野球部」は、相模大横浜高校の名門野球部から落ちこぼれた9人が、鳥取の新天地・オアシス学園から甲子園を目指す物語です。この作品は、昭和風の馬鹿馬鹿しい野球マンガとして楽しめます。

魅力的で個性溢れるキャラクターたちがたくさん登場し、笑いあり感動ありのストーリーが展開されます。特に、あねごとフクといったキャラクターには、読者を笑わせたり泣かせたりする魅力があります。キャラクター同士の絡みや成長が楽しめる一作として人気です。

このマンガは、どこか昭和の雰囲気を感じさせつつ、スカッとする瞬間や熱い試合が盛り込まれており、深夜の時間帯でアニメ化することを期待するファンも多いほどです。笑いと感動を楽しみたい方におすすめの作品です。

「グラゼニ」: 年俸をテーマにした斬新な野球マンガ

「グラゼニ」はプロ野球を舞台に、年俸をテーマにした斬新な野球マンガです。物語の中では、プロ野球選手が個人事業主としての生計を立てており、その年俸が全球団の1軍選手にソラで言えるという不思議な特技を持つ主人公が、厳しいプロ野球界で生き抜いていく姿が描かれています。

この作品は、プロ野球選手たちの生き様や将来への不安、年俸の格差など、野球界の裏側をリアルに描いており、読者に深い共感を呼び起こす要素が多いと評価されています。プロ野球に興味がない人でも、プロ野球選手たちの奮闘や生活を通じて、新たな視点で野球を楽しむことができるでしょう。

野球マンガの中でも異彩を放つ作品として、野球愛と共に年俸にまつわるストーリーに感銘を受ける読者が多いようです。アニメ化もされており、声優陣の演技も高く評価されています。おすすめの作品と言えます。

「ONE OUTS」: 野球とギャンブルが絡み合う緊張感ある作品

「ONE OUTS」は、野球とギャンブルを巧みに組み合わせた作品で、野球マンガとしては異色の存在です。物語は不運の天才打者・児島弘道が、賭け野球の世界で名を馳せる渡久地東亜と出会い、彼との熱い駆け引きや心理戦を描いています。

この作品は、野球の試合だけでなく、賭け野球のルールや戦術、心理戦が重要な要素として取り入れられており、読者に緊張感をもたらします。主人公の渡久地東亜は勝負師としての魅力が強調されており、善悪の判断が曖昧なキャラクターとして描かれています。彼の冷静沈着な判断力やトリッキーな戦術が読者を引き込みます。

「ONE OUTS」は野球を題材にしながら、野球の魅力を一歩踏み込んだ視点から捉え、ギャンブルとの絡み合いを通じて緊張感を高めています。野球が好きでなくても、戦略と心理戦が交錯するストーリーに引き込まれることでしょう。

『ダイヤのC!! 青道高校野球部猫日誌』: ダイヤのAキャラクターと猫のほっこりスピンオフ

『ダイヤのC!! 青道高校野球部猫日誌』は、野球漫画『ダイヤのA』のキャラクターたちが猫との共同生活を描いたスピンオフコメディです。青心寮のメンバーが猫を飼うことになり、猫とのほっこりした日常を楽しむ姿が描かれています。

この作品は、元々『ダイヤのA』のファンにとっては、おなじみのキャラクターたちが猫との触れ合いを通じて新たな一面を見せる機会となります。猫との共同生活に戸惑いつつも、かわいらしい猫たちとのふれあいを通じて成長していく姿が、ほっこりと楽しめます。

猫好きな読者にとっては、猫のかわいらしさが存分に楽しめる作品でしょう。キャラクターたちの猫に対する愛情や、猫たちの個性も魅力的に描かれています。

『ダイヤのC!! 青道高校野球部猫日誌』は、元の作品『ダイヤのA』とは異なる視点からキャラクターたちを楽しむことができるスピンオフ作品として、ファンにとっても楽しい一作となっています。

『めちゃコミえみふる!つば九郎』: つば九郎とめちゃ犬のコラボギャグ

『めちゃコミえみふる!つば九郎』は、東京ヤクルトスワローズのキャラクターであるつば九郎が、『めちゃコミック』のキャラクターであるめちゃ犬とのコラボレーションを楽しむギャグ漫画です。この作品では、オフィシャルスポンサーであるめちゃコミックのおすすめ漫画をつば九郎とヤクルト広報の石川カツ子が紹介するというストーリーが展開されます。

この作品は、つば九郎の愛らしいキャラクターが活かされつつ、ギャグ要素もしっかりと詰まっています。つば九郎の毒舌ながらも愛嬌のあるキャラクターが、読者に楽しいひとときを提供します。

また、東京ヤクルトスワローズのファンにとっても、つば九郎を通じてチームへの愛着を深める機会として楽しめるでしょう。

『めちゃコミえみふる!つば九郎』は、ヤクルトファンやつば九郎ファンにとって、愉快で楽しいギャグ漫画として楽しむことができる作品です。

『9~キミがいる街で恋をした~』: 幼馴染みから始まる恋愛の甘酸っぱいストーリー

『9~キミがいる街で恋をした~』は、東京から北海道・釧路の町に引っ越してきた元野球部のエース、洸生が、父親の親友の息子である海人の家で生活することから始まる恋愛ストーリーです。彼がそこで出会った海人の幼なじみ、映未との出会いを通じて、恋に落ちていきます。

この作品は、幼馴染みとの恋愛をテーマにしたストーリーで、幼馴染みから恋愛に発展する過程での甘酸っぱい瞬間やキュンキュンする瞬間が魅力的です。主人公の洸生が一生懸命で可愛らしいキャラクターとして描かれ、読者にとって共感を呼ぶ要素が詰まっています。

また、野球や幼馴染み、初恋といった要素が組み合わさり、青春の甘酸っぱい感情を存分に楽しむことができる作品となっています。

『9~キミがいる街で恋をした~』は、恋愛漫画が好きな読者にとって、幼馴染みから始まる甘くてキュンキュンする恋愛ストーリーとして楽しむことができるでしょう。

『4軍くん(仮)』: 下剋上を目指す荻島の野球物語

『4軍くん(仮)』は、荻島航平という高校球児が主人公のストーリーです。彼は高校時代に“都立の星”と呼ばれ、その実力を持って「神宮球場」を主戦場にする都心6大学リーグを目指します。しかし、池袋大学に入学した荻島は、野球部の練習初日になんと“4軍”行きを命じられてしまいます。こうして、下剋上を目指す荻島の物語が始まります。

この作品は、野球を通じて主人公が成長し、困難に立ち向かう姿勢を描いたストーリーです。主人公の荻島が、4軍からのスタートという逆境に立ち向かい、自身の夢や目標に向かって努力する姿勢が描かれています。これは、努力と情熱を持って夢を追いかける若者に共感を呼ぶ要素が豊富に含まれている作品です。

『4軍くん(仮)』は、野球を通じて成長と挑戦の物語を楽しみたい読者にとって、魅力的な作品となっています。

古田敦也がメガネに転生した件

『古田敦也がメガネに転生した件』は、転生ものの新しいアイデアとして、元プロ野球選手の古田敦也がメガネに転生し、若い捕手にアドバイスを与えるというユニークな設定が特徴的な作品です。主人公の井手はダメ捕手としての苦悩や成長が描かれ、古田メガネの助言を通じて野球への情熱を再び見つけていく姿が物語の中心となっています。

読者からの評価も高く、古田敦也ファンや野球を愛する人には楽しめる作品とされています。また、現役時代のエピソードや古田さんのキャラクターがうまく組み込まれている点も評価されています。

一方で、絵やコマ割りに関しては好みが分かれるようで、作者の独自のスタイルが反応を引き起こしているようです。それでも、ユニークなアイデアと野球への熱い思いが評価され、ファンからは支持を受けている作品ですね。

昭和のグラゼニ

『昭和のグラゼニ』は、昭和時代のプロ野球をテーマにした『グラゼニ』のスピンオフ作品で、昭和45年の時代背景で展開されます。主人公の安田良樹は、山梨の高校球児で、長茂島雄に憧れながらも、進学先の問題やカネやコネがない中で野球に懸命に取り組む姿勢が描かれます。

この作品は、昭和時代のプロ野球に憧れる多くの読者にとって、懐かしさや郷愁を感じさせる要素があることから、昭和の雰囲気や野球への情熱を楽しむことができるでしょう。昭和生まれの方にとっても、特に共感や愛着を持てる作品となっています。

昭和の時代背景や野球への憧れが評価され、多くの読者から支持を受けているようです。昭和のプロ野球の魅力を再び味わうことができる、楽しい作品と言えるでしょう。

我ら九人の甲子園

『我ら九人の甲子園』は、秋葉高校の野球チームが甲子園を目指して奮闘する青春野球マンガです。主要なキャラクターたちが熱血漢で、野球への情熱と努力、そして破天荒な行動が描かれています。この作品は、作者である高橋三千綱の芥川賞受賞作家としての実績を持つ作品で、かざま鋭二が絵を描きました。

読者にとって、この作品は熱い青春ストーリーと野球への情熱が特徴で、登場人物たちの熱血ぶりや破天荒な行動に共感を覚えることが多いようです。野球ファンやスポ根マンガが好きな人には楽しめる作品であり、甲子園を舞台にした野球マンガの魅力が存分に詰まっています。

プレイボール

『プレイボール』は、谷口という主人公の青春野球マンガです。谷口は中学時代に全国野球大会で優勝経験がありましたが、ケガにより野球を続けることが難しくなり、サッカー部に誘われます。しかし、彼は野球への情熱を捨てきれず、野球とサッカーの選択の間で揺れながら成長していく姿が描かれています。

この作品は、野球を通じて友情や成長、努力の重要性を描いた青春物語として、多くの読者に愛されています。作者のちばあきおは、野球マンガの名手であり、野球の試合や駆け引きが臨場感たっぷりに描かれています。『プレイボール』は野球ファンやスポ根マンガ好きにとって楽しめる作品であり、主人公の谷口の成長と情熱が読者に共感を呼び起こします。

わたるがぴゅん!

『わたるがぴゅん!』は、沖縄から東京の東和台中学校へ転校してきた与那覇わたるという主人公の野球マンガです。わたるは野性的な性格で、野球部の練習に参加し、部員たちを驚かせます。しかし、野球部の勧誘を断りますが、マネージャーの若葉に一目惚れしてしまいます。

この作品は、野球を通じて友情や成長、恋愛を描いた中学生の青春ストーリーです。スポ根要素はあるものの、喜怒哀楽が豊かで、軽快な展開が特徴です。野球ファンだけでなく、青春ストーリーが好きな読者にも楽しめる作品となっています。

『わたるがぴゅん!』は、月刊少年ジャンプにて長期連載された野球マンガの一編であり、多くの読者に支持されました。主人公わたるのキャラクターが魅力的で、彼の成長や恋愛模様に共感することができるでしょう。

ストッパー毒島

『ストッパー毒島』は、野球をテーマにした作品で、主人公の毒島大広(ぶすじま・たいこう)が、高校時代の苦悩から始まる物語です。中学時代の乱闘事件が原因で高校の野球部に入れずにいた毒島は、その後、日本最速と言われる剛速球を武器にプロ野球界に登りつめていく姿を描いています。

この作品は、主人公毒島の真っ直ぐな姿勢や情熱が印象的な野球マンガです。彼が高校野球からプロ野球へと駆け上がっていく過程や、野球に対する彼の熱意がストーリーを通じて表現されています。また、エロイ要素も含まれており、野球に真剣な部分と軽快な部分が絶妙に組み合わさっています。

『ゴリラーマン』などを手がけたハロルド作石による作品で、野球ファンやスポーツマンガ好きな読者に楽しんでいただけるでしょう。

うすべにの嵐

『うすべにの嵐』は、父親の夢を継いで野球をする兄弟、兄の高と弟の清の物語です。彼らの父親はかつてリトルリーグの監督を務め、息子たちに野球選手としての道を切り開くことを夢見ていました。しかし、父親が亡くなり、彼らはそれぞれの道を歩むことになります。

兄の高は野球部のエースとして頂点を目指し、弟の清は不安定な日々を送りながらも成長していく姿が描かれています。物語には兄弟の葛藤や成長だけでなく、淡い恋愛要素も織り交ぜられており、矢沢あい先生の作品らしいキュンキュンとした要素が魅力です。

読者からは純粋な気持ちと憧れが伝わってきて、青春の思い出として愛される作品となっています。読みやすく、ボリュームもちょうど良いため、気軽に楽しむことができると評価されています。

まとめ

以上で「愛と狂気の野球漫画まとめ|人気〜マニアック作品まで余す事なく紹介」していきました。

記事を書いてる時

「俺何やってるんだろう。え?無心でキーボード叩いてる。やべえ、俺召されるんじゃね」

と思ってました。

やっと解放じゃ!

随時更新していきますが、ひとまず休ませて笑

スキマとらのあな漫画全巻ドットコム
特徴完結したマンガを最後までイッキに読み!同人誌やフィギュア,マンガを扱う日本最大のコミック全巻セット販売
詳細人気の漫画32000冊以上読み放題アニメBlu-ray,コミックの限定特典付き商品販売メディア最注目のショップ.月間約300万人利用
おすすめの方完結漫画を読めるマニアック作品にも興味完結,連載中漫画を読める
おすすめ漫画サービスの紹介

それでは!また!

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\このページをシェアしよう!/
\いたちをフォロー!/
スポンサーリンク