【ChatGPT】大学受験の語呂アプリ解禁
スポンサーリンク

不動産投資してる父と院生の物件購入話

スポンサーリンク
生活
記事内に広告PRを含む場合があります
スポンサーリンク

不動産の話を聞きに行きました。

不動産への興味が高まり、お父ちゃんと物件購入の話を聞きに行くことに。

3者面談で驚くべき何千万の物件取引が繰り広げられ、銀行に保有する何百万もの資産と院生の僕が担保になる驚きの展開。

減価償却や法人の対決といった簿記の要素も交え、不動産投資の裏側に迫ります。

あくまでも不動産投資をみなさんやれば良いわけではありません。

一般的に見るとレアケースに思われるかもしれませんが、参考程度に見ていってください。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

不動産の話を聞く

今度不動産を購入しようと思っている

良い機会だし聞きに行かないか

不動産の未知なる領域に興味津々、父は今後の計画として不動産を購入しようと考えています。

重要な決断に際し、プロの意見やアドバイスが欠かせないと感じました。

僕も良い機会と思い、不動産の専門家に話を聞きに行くことにしました。

新たな一歩を踏み出す前に、父の知恵を授かりたいと思います。

一緒に行く

不動産の方、父、ワシの3者面談を受ける

一緒に父とともに、不動産の専門家との3者面談に臨みます。

面談

何千万の物件の話をしている。

ワシ驚愕

銀行に何百万ある。院生のワシが担保になるらしい

減価償却など簿記の話をしてるー

法人の人と対決になるっぽい

面談終わる

面談では何千万もの物件について話が展開し、僕はその規模に驚愕しました。

更に、銀行には何百万もの資産があることが判明し、院生の僕が担保になる可能性が浮上。

簿記の専門用語や減価償却に関する説明が飛び交い、法人の方との対決が差し迫る様子が垣間見えました。

一筋縄ではいかない興奮と緊張が漂う中、面談は幕を閉じました。

まとめ

驚きと興奮に満ちた不動産の冒険が終わりました。

何千万もの物件、銀行に眠る何百万もの資産、そして院生の私が担保になる可能性。

簿記の複雑な世界や法人との対決に直面しながらも、新しい投資の道を切り拓く喜びを味わいました。

これからの不動産購入計画が、この面談から得た知識と経験をもとにより一層具体化されることでしょう。

おすすめ不動産投資の参考書

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\このページをシェアしよう!/
\いたちをフォロー!/
スポンサーリンク
いたちごっこ
タイトルとURLをコピーしました