【ChatGPT】大学受験の語呂アプリ解禁
スポンサーリンク

【呪術廻戦】虎杖の正体は?宿儺の対抗策になる?徹底解説!

スポンサーリンク
アニメ
記事内に広告PRを含む場合があります
スポンサーリンク

今回は、呪術廻戦の宿儺とは一体何者なのか?、物語はバッドエンドになる?について徹底解説していきます。

現在物語も佳境となる中、宿儺の圧倒的強さが描かれています。

毎週月曜をヒヤヒヤしながら待っているかと思います。

そこで今回は虎杖の正体は?宿儺の対抗策になるかについて徹底解説していきます。

それではどうぞ

【いまAmebaマンガを読むとお得】

漫画書籍が読めるAmebaマンガ半額のキャンペーン中。

今なら100冊まで半額!

100冊まで限定なので、安く読める今のうちがおすすめです。

期間:1/28(日)まで!

途中で終了/変更の可能性があるので注意。

スポンサーリンク

呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁の軌跡

呪術高専東京校に転入したばかりの虎杖悠仁。彼の生い立ちと、特級呪物「宿儺の指」に纏わる運命的な出会いが、彼を呪術師としての道へと導いていく。物語の始まりは、彼が所属していたオカルト研究会での不本意な陸上部入部から始まる。しかし、過去の闇や家族の謎に苦しむ彼にとって、これはまだ序章に過ぎなかった。

親代わりであった祖父・虎杖倭助の言葉と、彼の肺がんによる突然の死。これが虎杖にとっての転機となる。倭助の遺言が、虎杖を人を助ける者へと変えていくきっかけとなった。特に、「大勢に囲まれて死ね。俺みたいにはなるなよ」という言葉が、虎杖の中で深く刻まれることになる。

その夜、宿儺の指と呼ばれる特級呪物の回収任務に巡り会う。呪術師・伏黒恵との出会いが、虎杖にとって未知の世界を拓くことになる。宿儺の指を飲み込むという過酷な決断を下す彼は、通常ではありえない適性と耐性を示し、両面宿儺の受肉に成功する。

この事件がきっかけで、虎杖は呪術高専に転入。五条悟の計らいで保留された死刑と引き換えに、20本の宿儺の指を取り込む条件を受け入れる。これが彼の呪術界への足跡の始まりであり、物語がさらなる展開を見せることとなる。虎杖悠仁の呪術師としての冒険が、未知の力との対峙を通じて深まっていく。

虎杖の個性と魅力

15歳の若者、虎杖悠仁。そのプロフィールは、彼の日常や特異な力に満ちた生活を垣間見せる。身長173cm以上と作者のコメントによるとどんどん伸びているとのこと。体重は80kg以上というが、その肉体は彼の特異な能力によって更なる進化を遂げている。

東京都立呪術高等専門学校の一年生としてスカウトされ、彼の日々は呪術の世界に彩られている。趣味や特技にはカラオケやテレビ鑑賞、そしてモノマネが挙げられる。そのユニークな一面が、彼のキャラクターに新たな深みを与えている。

食に対するこだわりも見逃せない。丼ものや麺類が大好物で、苦手な食べ物は一切なしという彼の食の好みは、物語の中での食事シーンにも影響を与えていることだろう。

ストレスがたまるのは理系科目。特に分子量計算で躓いた経験があるようだが、その中にも彼の努力と成長が垣間見える。

彼の好みのタイプには、ジェニファー・ローレンスの名前が挙がっているが、その理由が「ケツとタッパがデカい女」。個性的でありながらも率直な一面が、彼のキャラクターに深みを与えている。

彼を取り巻く世界には、イメージソングとして9mm Parabellum Bulletの『ハートに火をつけて』や□□□の『いつかどこかで』が流れ、舞台では榎木淳弥演(CV)、佐藤流司生演じる彼が物語を盛り上げている。

虎杖悠仁は生得術式を持たず、黒閃経験がある。その連続記録は、彼の力強さと戦闘力の高さを物語っている。物語は彼の個性的で多様な一面とともに、さらなる展開を約束している。

奇抜な容姿

虎杖悠仁の容姿は、その独自性と奇抜さで彼を際立たせている。薄茶色でツーブロックの短髪は、アニメや表紙絵によって時折薄いピンク色合いにも見え、その変化に彼の不確かな魅力が宿る。

彼の瞳は特異な三白眼で、茶色の髪と同じ色調を持つ。両目尻の下にある小さな溝は、生前の宿儺の影響により生まれたもので、彼の顔に独特な趣を与えている。この小さな溝は、宿儺の指を飲み込んだことで目がもう一対開眼した結果という、物語の中に織り交ぜられた不思議な要素でもある。

私服は大体パーカーが特徴的であり、これは何かしらの悩みを抱えた結果とされている。呪術高専の制服もパーカー付きで、五条のアレンジによるもの。制服においてもその奇抜なスタイルは、虎杖悠仁の個性を際立たせている。

宿儺の影響を受けた時の容姿は一段と異彩を放つ。黒い紋様が肌に浮かび上がり、赤い瞳が覆い隠れ、前述の目の下にもう一対目が開眼する。髪を逆立てる仕草や、宿儺に支配された時の表情は、彼の内面の闘志や複雑な感情を象徴している。虎杖悠仁の容姿は、物語の中で彼の内面と密接に結びついており、その変化が彼の成長や戦いの様子を鮮やかに表現している。

裏に潜む力:虎杖の多面性

虎杖悠仁は笑顔が絶えなく、人懐こくて素直な性格の持ち主だ。そのコミュ力はまさに一級品であり、どんな相手にもフレンドリーに接し、一風変わった仲間たちともすぐに打ち解けてしまう。彼の人懐こい性格は、呪術高専の先輩や仲間たちから「善人」「呪術師には珍しい根明」と高く評価されている。

未成年禁止の遊興にも詳しく、その知識はまるで少年漫画の主人公そのもの。しかし、その行動には悪気がなく、自覚もほとんどない。テレビっ子でモノマネの腕も一級品で、五条の訓練の結果として映画好きにもなり、モノマネのレパートリーを更に増やしている。

一年生の中で最も歌唱力が高いという一面も持ち、祖父との二人暮らしの経験からか、料理も一年生の中で一番上手い。彼の深い眠りについては、作者自らが「東名高速のアスファルトの上でも余裕で寝れます」と述べ、その深い眠りへのこだわりも見受けられる。

地方民らしい一面もあり、同じく東北出身の釘崎とはその点で意気投合している。ただし、仙台に帰郷した際には、仙台の都会ぶりに驚いた釘崎に足蹴にされてしまうエピソードもある。

好みのタイプには一風変わったこだわりを持ち、中学時代は容姿ではなく振る舞いで相手を判断する性質を好む様子がうかがえる。他人の容姿にはあまりこだわりを持たないが、年頃の少年らしい一面もあり、水着姿の女性のポスターを部屋に貼るなど、彼自身も青春を謳歌している。

呪霊や異形の存在に対しては驚きも怯まず、むしろ抵抗が薄い印象を与えるが、仲間や一般人を救おうとする熱い心を持っている。彼の笑顔の裏には、真剣な怒りや悲しみも存在し、仲間や無関係の人々を助けるために戦う真剣さが垣間見える。

最も許せない事は「吐き気を催す邪悪」であり、この感情が彼の中で最も強く湧き上がる瞬間は、その笑顔が一瞬にして凍りつく瞬間だろう。

身体能力の極み:虎杖の異常な戦闘力

虎杖悠仁はその超人的な身体能力で、呪術師たちを圧倒している。元々一般人だった彼が持つ異次元の身体能力は、驚異的なものである。30mもの砲丸投げ、3秒で50mの瞬間瞬間の瞬発力、窓を蹴破りながら人外を蹴り飛ばす驚異的な力。これは人間離れしていると言うより、異次元の存在に近い。

彼の高い身体能力は、元の高校では「SASUKEの全クリア」「ミルコ・クロコップの生まれ変わり」といった噂が絶えないほど有名であり、そのあだ名は「西中の虎」。しかし、虎杖自身はこのあだ名を嫌っているようだ。彼が所属していた心霊現象研究会では、呪術師たちに勧誘されるも一切断り、その代わりに超自然な現象に興味津々なオカ研に在籍していた。

呪術に触れたことで身体能力が更に向上し、特に格闘能力は圧倒的。渋谷事変では1級術師の七海に匹敵する戦闘力を見せつけ、東堂は彼の力を「特級には通じないが、素の力では自分より上」と評価している。その生命力も怪物級であり、致命傷を負っても「平気」と言ってしまうほど。交流会では特級呪霊との戦いで、数々のダメージを受けながらも戦い続ける姿勢を見せ、その強靭なメンタルも際立っている。

しかし、彼が呪術師として成長していく中で、未知の存在に対する抵抗感が薄まり、痛みに対する耐性も更に高まった。この特異な性質が彼を他の呪術師たちと一線を画す存在に仕立て上げている。

宿儺の器:呪力と共存

虎杖悠仁、その身に秘めた宿儺の器としての特異性は、呪術師界において異彩を放っている。五条悟が認めるように、「千年生まれてこなかった逸材」である。宿儺の指が持つ呪力に耐え、その身に受肉した呪いの王・両面宿儺を抑え込む器としての高い適性を有している。

彼の身体に取り込まれた宿儺は、虎杖の意識と共存し、時折内部で交流する。この共存関係は外部から見れば、まるで二重人格のように映る。虎杖が呼びかけると宿儺が応じ、逆もまた然り。しかし、虎杖によれば、頭の中に宿儺の声が響き渡り、「うるさい」と嘆くこともあるという。

彼の器としての特性は、呪いの王宿儺の気まぐれによって変わる。彼の身体に宿ったことで、猛毒である呪いの王を無意識に耐性を持つようになり、あらゆる毒に対して頑健な肉体を獲得している。また、内部に別の魂が存在することで、「魂の輪郭」を感知する能力も備わり、これを活かして敵を攻撃するなど、器としての特性を駆使している。

しかし、宿儺は虎杖に対して全く興味を示さず、器としての彼の存在を忌み嫌う。虎杖の実力も評価せず、むしろ彼を苦しめるために伏黒や釘崎を殺そうとするなど、敵対的な態度を崩さない。虎杖自身も宿儺を単なる「呪い」として敵視し、お互いが歩み寄る様子は見受けられない。

この複雑な関係が物語を通して進展し、宿儺の器としての虎杖の運命がどのように変わっていくのか、未知数のまま描かれている。

各技の紹介

  1. 逕庭拳(けいていけん)
  2. 黒閃
  3. 卍蹴り

逕庭拳(けいていけん):
虎杖悠仁の通常のパンチが、呪力の流れとのずれから生まれる特異な技。一度の打撃で二度の衝撃を生み出し、相手を混乱させる。初めは未熟な呪力操作に依存する「悪癖」であり、特級相手には通用しないとの評価を受けた。しかし、後に脹相との戦いで逕庭拳の使い方をマスターし、通常の打撃と組み合わせることで強力な武器となった。

黒閃:
東堂葵との特訓の成果で生まれた技。呪力のズレを無くし、極めて短い時間差で呪力が衝突した空間の歪みを利用して発生する。呪力が黒く光り、通常の2.5倍の威力を持つ。厳密には『現象』であり、虎杖はこれを意図的に発生させ、実戦でその凄みを発揮している。

卍蹴り:
躰道の技法である膝抜きを応用した技。姿勢を低くし、相手の足元へ迅速に移動して強烈な蹴りを放つ。虎杖は躰道の心得を持ち、その時の状況に応じて最適な動作で卍蹴りを繰り出す。この技はその場の状況によって発生するため、瞬時の判断力が求められる。

人間関係

  1. 虎杖倭助:
  • 虎杖悠仁の父方の祖父で、悠仁を男手一つで育て上げた。息子夫婦の早世に伴い、孫に対して愛情深く接し、家族を支えた。肺がんで15歳の悠仁の世話を終え、呪術には無関係だが香織の異常性に気づいていた。

虎杖仁:

  • 悠仁の故人の父。容姿は悠仁に似ているが、眼鏡をかけた理知的な雰囲気を持つ男性。詳細は不明。

虎杖香織:

  • 悠仁の母で、美しい黒髪に縫い目の跡が特徴。詳細は不明。

壊相、血塗:

  • 起首雷同編で遭遇した敵。兄弟で、虎杖の心に深い傷を残す出来事を引き起こした。兄弟としての優しさを持つ異なる存在で、虎杖にとって特別な因縁を持つ。

脹相:

  • 壊相と血塗の兄。虎杖に対して強い復讐心を抱いており、渋谷事変で悠仁を襲撃。しかし、謎めいた行動を見せ、虎杖を自らの弟と断言し、以後は虎杖を護ることを決意。彼が虎杖を弟と認識した理由は不明。

虎杖悠仁の身体能力の謎

虎杖悠仁の身体能力や耐性の源泉については多くの謎が残されています。

起源の謎:

  • 彼の驚異的な身体能力や耐性は、生まれつき持っていたものとされていますが、その具体的な起源は不明です。母親は彼が「宿儺の器」として生まれ、新時代の台風の目であると語りますが、なぜ彼がこれらの力を持って生まれたのかは未だ解明されていません。

髪の色の謎:

  • 虎杖の髪の色にも意味があるようですが、その詳細は判明していません。彼の父である虎杖仁も同じ髪の色を持っていたことが示唆されており、家族には何か秘密が潜んでいる可能性があります。

宿儺の解放と覚醒:

  • ある出来事をきっかけに、呪いの王・両面宿儺が解放され、虎杖は異常な身体能力を発揮します。その時点で呪力がゼロになったにもかかわらず、宿儺の影響を受けた異常な力を発揮し、これまでにないほどの戦闘能力を示します。

戦闘中の異変:

  • 虎杖が宿儺との戦闘中に異常な身体能力を発揮した際、宿儺自身もその力に驚愕します。虎杖の腕には何らかの術式効果が付与されている可能性が高く、その効果の詳細は不明です。また、虎杖が脹相や加茂憲紀から何かを学んでいたことも示唆されています。

術式の変化:

  • 両面宿儺の解放後、虎杖の戦闘スタイルが大きく変化しました。その変化には謎が多く、脹相や加茂憲紀から学んだ可能性や、残る呪胎九相図の影響が指摘されています。彼の腕には術式が刻まれている可能性があり、それが異常な力を引き起こしていると考えられています。

虎杖悠仁の能力にはまだ解明されていない謎が多く、これからの展開がますます気になります。

補足情報

虎杖悠仁は呪術廻戦の魅力を広げ、人気を博しているキャラクターです。その興味深いエピソードや余談をご紹介します。

人気投票の絶対王者:

  • 第一回の人気投票では、虎杖悠仁は総投票数の約8分の1の票を獲得し、見事に一位を獲得しました。その後も五条との首位争いを繰り広げ、人気投票では常にTOP3をキープしています。

呪術的な髪色の謎:

  • 常人とは異なる髪色を持つ虎杖や三輪霞の髪色には何か呪術的な意味があるようです。ただし、具体的な詳細は不明で、物語内での説明が待たれています。

虎杖の主人公への転身:

  • 初期の段階では、呪術廻戦0を連載していた時点では、虎杖の構想はまったくなかったとされています。続編を描く場合には、最初から主人公を変えるつもりだったようです。

苗字の珍しい起源:

  • 虎杖は近畿地方、特に奈良県に集中して存在する苗字であり、現実では約60人の虎杖さんが存在します。興味深いことに、宮城には虎杖という苗字は存在しないとのことです。

検索サジェストの珍事:

  • 一時期、虎杖を検索すると「虎杖 妊娠」というワードがサジェストに出現するという珍しい出来事がありました。これは真面目な呪術廻戦の考察ツイートに由来し、虎杖が男性であるにもかかわらず、妊娠というキーワードが関連づけられたものでした。

名字と服装の入れ替え

  • 別作品に同じ読みの苗字を持つキャラクターが存在し、そのキャラクターたちの服装を入れ替えたイラストが投稿されたことがあります。これはファンの間で楽しまれた興味深いエピソードとなりました。

虎杖悠仁のキャラクターは人気だけでなく、様々な面白いエピソードやユニークな出来事が付随しています。

宿儺の対抗策となる?

ここからはネタバレが入ります。ご注意ください。

現在、宿儺との戦いがずっと描かれています。

五条との対決は、接戦のようでしたが結局宿儺が圧倒的に強かったですね。

ここからは、物語はどう結末を遂げるか考えます。

宿儺を唯一倒せる存在?

五条が宿儺に敗れ、絶望的な展開が続いている最新話。

虎杖・日車vs宿儺の戦いが描かれています。

日車の領域展開で宿儺に死刑判決を出したいところ。

しかし宿儺は不適な笑みを浮かべ、対抗策がある予感。

結論宿儺が勝つと考えられます。

ネット上では、日々宿儺最強、勝つことはできるのか論争が起こっています。

可能性として一つ挙げられるのが虎杖。

虎杖は宿儺の器として、肉体の主導権を通常は与えませんでした。

肉体の入れ替わりの能力を手に入れている可能性もあります。

宿儺の隙を狙い肉体の主導権を奪い殺される事で、宿儺討伐の筋はあるかもしれません。

主要4人の内1人死亡か1人だけ死亡か

この説は作者が語っていましたね。

2020年の初の出演時のインタビューで発言していました。

作者直々に明言されているので、この説はもうあるでしょう。

現状五条の死亡は確定しています。

現在生存確認をすると、虎杖は生存しています。

伏黒は、五条の無量空処でほぼ脳死状態

釘崎は真人戦から生存が分からない状況。

これだけ見てると1人生存が高い状況です。

全員死亡

この説は低いと見ていますが、ありえない展開ではないです。

呪術廻戦をずっと追っている考察班も毎週度肝を抜かれる展開が多く、先を読めないところがあります。

現状宿儺が強すぎて太刀打ちができないようです。

しかし今後、虎杖が宿儺を抱えていた恩恵による、新たな力を手に入れるなどの展開があれば

この説は十分あり得るかもしれません。

ですが、現状全員死亡は低いでしょう。

宿儺が全て倒してバッドエンド

宿儺が完全勝利して物語が終結するというパターンです。

現状この説は高いと見えます。

現代で最強の五条悟ですら倒すことができませんでした。

最強と最強の戦いで勝利したというのは、かなり地獄の展開です。

五条のおかげで、宿儺は消耗をして完全体にさせる事はできました。

しかし、より強い宿儺が出てしまった状況。

その中、術師が宿儺に挑む訳ですが果たして勝つ実力があるかといえば、怪しいのではないでしょうか。

仮に勝ったとしても、モヤモヤ感が残るのではないかと思います。

そこで、宿儺完全勝利の形で終結する可能性はありえます。

まとめ

今回は、呪術廻戦の宿儺とは一体何者なのか?、物語はバッドエンドになる?について徹底解説していきました。

現在物語も佳境となる中、宿儺との対決が描かれています。

我々は、毎週月曜をヒヤヒヤしながら待っているかと思います。

そこで今回は虎杖の正体は?宿儺の対抗策になるかについて徹底解説していきました。

毎週どう展開されるか、ワクワクですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

【いまAmebaマンガを読むとお得】

漫画書籍が読めるAmebaマンガ半額のキャンペーン中。

今なら100冊まで半額!

100冊まで限定なので、安く読める今のうちがおすすめです。

期間:1/28(日)まで!

途中で終了/変更の可能性があるので注意。

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\このページをシェアしよう!/
\いたちをフォロー!/
スポンサーリンク
いたちごっこ
タイトルとURLをコピーしました